ここに掲載されている情報は、発表日現在の情報です。
ご覧になった時点で内容が変更になっている可能性がありますので、あらかじめご了承ください。

「第6回キッズデザイン賞」で子どもの安心安全、家事負担の軽減や
子育てを応援する配慮を盛り込んだ商品が2部門で受賞

2012年07月24日

住宅設備機器・建材の総合メーカーである株式会社LIXIL(本社:東京都千代田区、社長:藤森義明)は、「第6回キッズデザイン賞」(主催:特定非営利法人キッズデザイン協議会、後援:経済産業省)において、使う人の行動や心理に基づいて開発されたシステムキッチン「サンヴァリエ〈リシェル〉」、お客さまの要望や不満を継続的に調査し人間工学、生活工学的な視点から快適な入浴の実現を追及したシステムバスルーム(「グランデージ」「ラ・バス」「リノビオ」等)が2部門で受賞しました

システムキッチン「サンヴァリエ〈リシェル〉」

システムバスルーム「ラ・バス」

今回の受賞により当社では6年連続でキッズデザイン賞の受賞となりました。今回受賞した項目は下記の通りです。

<子どもの産み育て支援デザイン 一般部門>
システムキッチン「サンヴァリエ〈リシェル〉」

<子ども視点の安心安全デザイン 一般部門>
LIXILのシステムバスルーム搭載プッシュ水栓、くるりんポイ、サーモフロアほか

当社では、今後も子供の安心・安全に配慮し、生活する上で、快適で機能的な商品開発をすすめてまいります。

「キッズデザイン賞」とは、「子供たちの安全・安心に貢献するデザイン」「創造性と未来を拓くデザイン」そして、「子供たちを産み育てやすいデザイン」の顕彰制度です。
(キッズデザイン協議会ホームページより)

<参考資料>

【<子どもの産み育て支援デザイン 一般部門> 受賞作品】

■システムキッチン「サンヴァリエ〈リシェル〉」

1:開発の経緯

システムキッチン「サンヴァリエ〈リシェル〉」はキッチンを使う人の行動や心理に基づいて開発されています。より快適でやさしい使い心地のキッチンを開発するために、小さな子供のいるファミリーを含む一般家庭への訪問や調理行動の分析を実施し、直感的な使いやすさを追及しています。

2:商品の主な特長

@)らくパッと収納

てこの原理を応用した斜めに開く扉により、軽い力で引き出せて自然な姿勢で取り出せるので、妊婦の方にもやさしい使い心地です。また刃物などを収納するキャビネットには乳幼児が誤って開けないようにキャビネットにはチャイルドロックを標準搭載しています。

らくパッと収納

チャイルドロックを標準搭載

A)2ウェイクローゼット

大きな扉を開けなくても、よく使う食器にアクセスできる窓を設置。指1本で開閉できる仕様のため赤ちゃんを抱いていてもラクに物の出し入れができます。また扉を一番下まで下ろしてもすき間が残るので指がはさまない安心設計です。

指を挟まない安全設計

2ウェイクローゼット

【<子ども視点の安心安全デザイン 一般部門> 受賞作品】

■システムバスルーム(「グランデージ」「ラ・バス」「リノビオ」等)

1:開発の経緯

LIXILのシステムバスルーム(「グランデージ」「ラ・バス」「リノビオ」等)は、エンドユーザーの要望や不満を継続的に調査し、人間工学、生活工学的な視点から入浴の実現を追及しています。子どもから高齢者まで幅広いユーザーによるテストを繰り返し、得られた知見を仕様に反映しています。子どもの安全はもちろん、親子でコミュニケーションしやすい工夫や家事負担の軽減など、子育てを応援する配慮を盛り込みました。

2:商品の主な特長

ボタンロック機能付プッシュ水栓

@)ボタンロック機能付プッシュ水栓

ワンタッチで吐水・止水が可能。シャワーと吐水のボタンが別なので誤動作を防ぎ、ボタンを回すと水量調節ができます。またボタンと温度を調節するハンドルにはそれぞれロック機能が付いているため子どものいたずらや誤操作を防ぎ、危険をへらすことができます。

A)くるりんポイ排水口

浴槽の残り湯を抜くときに発生する水流で、排水トラップ内にうず流を発生させることにより、髪の毛をまとめ、ラクに捨てる事ができます。またうず流が滞留しがちな汚れをすすぎ流し、排水口をキレイに保つので、忙しい子育て期のお掃除の負担を減らします。

うず流でゴミをまとめて

「ポイッ」とラクに捨てれます。

くるりんポイ排水口のイメージ