ここに掲載されている情報は、発表日現在の情報です。
ご覧になった時点で内容が変更になっている可能性がありますので、あらかじめご了承ください。

<主催:LIXIL、共催:ANA、中部国際空港>
地区予選代表31名が“光るどろだんご”づくりの腕を競う
「光るどろだんご全国大会2016」最優秀賞作品を決定

2016年11月28日

住まいと暮らしの総合住生活企業である株式会社LIXIL(本社:東京都千代田区、社長:瀬戸欣哉)は、2016年11月27日(日)、INAXライブミュージアム「土・どろんこ館」(愛知県常滑市)にて、地区予選大会を勝ち抜いた代表31名が「光るどろだんごづくり」の腕を競う「光るどろだんご全国大会2016」を開催し、最優秀賞1点ならびに入賞作品を決定しました。

最優秀賞 岩崎さんの作品
「夜空にきらめく満天の星」

参加者31名が作った光るどろだんご

9回目となる今大会は、ショールームなど全国のLIXIL営業拠点を会場に、9地区(北海道、東北、北関東、首都圏、中部、関西、中国、四国、九州)22都道府県32会場で地区予選を開催しました。全国大会では、予選を勝ち抜き、総参加者数719名の中から選ばれた代表31名が、どろだんごづくりの腕と技を競い合いました。

最優秀賞は、岡山県岡山市の岩崎 久代 (いわさき ひさよ)さん(29歳)の作品「夜空にきらめく満天の星」、優秀賞は千葉県千葉市の森川 智之(もりかわ ともゆき)さん(12歳)の「空の宝石」、東京都杉並区の助川 豊(すけがわ ゆたか)さん(51歳)の「聖夜」、そのほか優良賞3点、企業賞3点、三木きよ子※1(みき きよこ)特別賞1点が表彰されました。

最優秀賞の岩崎さんは、暗い夜空にきらめく星をイメージした作品を制作しました。「星空の模様をつけるのが難しかった。星空を輝かせるため、特に磨きを頑張りました。100点の出来栄え。」というコメントのとおり、選手による投票で一位を獲得、審査員からも多くの支持を集めました。

審査員長を務めた、どろだんご・土絵作家の三木きよ子※1さんは、「みなさんの真剣に取り組む姿に、ドキドキしながら審査をしました。特にどの作品も真球具合が素晴らしく、全ての作品に賞をあげたいくらいです。」と講評し、選ばれた作品だけでなく、すべての選手の健闘を称えました。

6歳から51歳までの幅広い年齢層の選手たちが、手のひらに乗せた土の塊を一心に磨きあげ、個性豊かな作品を制作しました。また、今年も、USTREAM※2を通じて動画を同時配信し、地元で応援する家族や友人のみなさんにも大会の様子を伝えました。初めは緊張気味だった選手たちも次第にリラックスし、最後にはとても和やかな雰囲気で、それぞれの自信作を評価し合いました。表彰式には、セントレアのマスコット“なぞの旅人フー”が登場し、会場を盛り上げました。

最優秀作品はINAXライブミュージアム「土・どろんこ館」に永久保存され、セントレア賞受賞作品は、中部国際空港セントレアにて展示されます。

※1 三木きよ子:どろだんご・土絵作家。「光るどろだんご大会」の初回(2007年)より、どろだんご大会の審査に携わる。
          2013年より、全国大会の審査員長。

※2 USTREAM:インターネットを使った動画共有サービス

「光るどろだんご全国大会2016」結果 各賞紹介と大会概要

【各賞受賞作品】

最優秀賞
岡山県岡山市 岩崎 久代 (いわさき ひさよ)さん (29歳) 「夜空にきらめく満天の星」
優秀賞
千葉県千葉市 森川 智之(もりかわ ともゆき)さん
(12歳)「空の宝石」
東京都杉並区 助川 豊(すけがわ ゆたか)さん
(51歳)「聖夜」
優良賞
愛知県名古屋市
中野 花音(なかの かのん)さん
「秋のもみじ」
埼玉県さいたま市
植村 楓(うえむら かえで)さん
「光かがやく海王星」
東京都大田区
金井 亜芽里(かない あめり) さん
「宇宙のもみじ」
LIXIL賞 ANA賞 セントレア賞 三木きよ子特別賞
愛知県名古屋市
中嶋晋介(なかじま しんすけ)さん
「おうちにかえろう!」
大阪府大阪狭山市
児玉優子(こだま ゆうこ)さん
「〜星空〜」
京都府宇治市
木本双葉(きもとふたば)さん
「うれしい!たのしい!!
HAPPY WORLD 」
栃木県宇都宮市
奥村成美(おくむら なるみ)さん
「立体天気図」
【審査方法】 審査ポイントは、光沢のよさ、配色、タイトルのイメージと合っているかどうか、制作のプロセスなど。
参加者による投票(各人2票)結果を加味し、審査委員による審査。
【審査員長】 三木 きよ子    どろだんご・土絵作家
【審 査 員】 光石 圭祐      全日本空輸株式会社 中部支社 販売部販売計画課 課長
大村 卓久      中部国際空港株式会社 執行役員 商業事業部長
佐竹 葉子      株式会社LIXIL 理事 Public Affairs部門 広報部 部長
住宮 和夫      株式会社LIXIL INAXライブミュージアム 館長

大会参加者選出方法

8月23日のLIXILショールーム福岡での予選大会を皮切りに、北は北海道から南は九州まで、9地区22都道府県32会場で予選大会を開催。各会場からの代表選手31名が地区予選代表として全国大会に出場ました。

大会当日の様子

INAXライブミュージアムでつくる「光るどろだんご」について

大会で制作した「光るどろだんご」は、やきもの用の粘土をまるめたタネをステンレスカップで丸く、真球になるように削り、表面を平滑にして化粧泥(色をつけた土)をのせ、磨きあげて光らせるものです。2ミクロン以下の細かさと扁平な形状という粘土粒子の特性をいかし、表面を押さえつけて粒子の向きをきれいに整えることによって光沢を出します。化粧泥の色の組み合わせや磨き具合で様々な表情が生まれ、子どもから大人まで幅広く楽しむことができます。近年では、色ののせ方を工夫することにより、表現の幅も広がって、より魅力的な体験教室となりました。
INAXライブミュージアムの「光るどろだんごづくり」は、2006年から「土・どろんこ館」の土の体験教室としてスタート。幅広い年齢層に人気で、開始から10年間で延べ20万人以上が体験しました。

お問合せ:INAXライブミュージアム
URL: http://www1.lixil.co.jp/ilm/
TEL: 0569-34-8282

受賞者のみなさんで記念撮影