ここに掲載されている情報は、発表日現在の情報です。
ご覧になった時点で内容が変更になっている可能性がありますので、あらかじめご了承ください。

ピエール瀧さん、山下智久さんと高橋真麻さんを起用した
窓新CM「サッシ まずマド夫婦 夏」篇
〜7月21日(土)より全国で放送開始〜

2018年07月18日

株式会社LIXIL(本社:東京都千代田区、社長:瀬戸欣哉)は、ピエール瀧さんと山下智久さん、高橋真麻さんを起用した窓の新CM「サッシ まずマド夫婦 夏」篇を、2018年7月21日(土)から、全国で放映します。

新CM「サッシ まずマド夫婦 夏」篇

新CMは、ピエール瀧さんと山下智久さんに加え、妻役として、高橋真麻さんが登場します。窓が大きく明るいリビングの家を羨む後輩役の山下智久さんに向けて、その家を建てた先輩役のピエール瀧さんと妻役の高橋真麻さんが、「まずマド。」というキーワードを使い、家を建てる際にまず「窓」の事を考える重要性を高橋真麻さんの歌と共に伝える内容となっています。

CMの中に登場する大きな窓は、TOSTEMブランドの新しい窓「LW(エルダブリュー)」(2018年8月発売)です。上下左右のフレームが室内から見えない“フレームインデザイン”とし、1枚のガラス戸を横にスライドさせ開閉する新発想の窓です。一般的な窓と異なり、開けた状態でも閉めた状態でも、窓からの景色を遮るものが全くないノイズレスの構造で、いつでも外と内がつながる心地よいリビング空間を創りだすことが可能です。

私たちLIXILは、今回のCMで使用する「まずマド。」というキーワードに“家づくりにおいて、実はまず窓から考えることが理想の住まいづくりにとって大切なことなんです”ということに気づいて欲しいという思いを込めています。心地よく開放的なリビングには大きな窓が欠かせません。しかしながら、家を建てた人の約7割※1が「できることならもう一回『窓・サッシ』をきちんと考えたい」と考えているように、あとから窓を含めた間取りを変えることはなかなかできません。このCMを通じて“窓”について改めて考えていただくきっかけになることを目指しています。
※1:2018年LIXIL調べ

LIXILでは、今後もTOSTEMブランドを通じて住まいの窓・ドアから“豊かで快適、心地よい住生活”を考え、様々な商品・サービスをご提供していきます。

<参考資料>

新CM概要

大きい窓が自慢の家を建てたピエール瀧さんが、窓にはさほど興味がない後輩の山下智久さんを自宅に招き、大きな窓で得られる明るいリビングや美しい景色を自慢していきます。ピエール瀧さんが「まず窓から考える」重要性を得意げに「まずマド。」という言葉に置き換え、山下智久さんにユニークに楽しく説明していきます。大きい窓で暮らしが快適になった家が嬉しすぎて、つい歌をうたってしまう妻の高橋真麻さんも必見です。
新CM動画はLIXILホームページにて7月21日(土)より公開します。
(ホームページURL:http://www.lixil.co.jp/lineup/window/s/mazumado/default.htm

1.放送開始

2018年7月21日(土)

2.放送局

全国111局(※沖縄地区除く)
※放送地域は変更になる場合がございます。

3.内容

「サッシ まずマド夫婦 夏」篇 15秒・30秒
先輩夫婦の自慢の家に招待された後輩。窓についておせっかいなくらいアドバイスをする先輩と妻のちょっと不思議なもてなしに翻弄されてしまう後輩。大きな窓があることで得られる明るさや気持ちいい景色を描き、「まず窓から考える」重要性を訴求するストーリーです。

4.出演者

山下智久:  後輩役
ピエール瀧: 先輩役
高橋真麻:  先輩の妻役

TOSTEM「LW」の特長

TOSTEMブランドの「LW」は、上下左右のフレームが室内から見えない“フレームインデザイン”とし、1枚のガラス戸を横にスライドさせ開閉する新発想の窓です。一般的な窓と異なり、開けた状態でも閉めた状態でも、窓からの景色を遮るものが全くないノイズレスの構造で、いつでも外と内がつながる心地よいリビング空間を創りだすことが可能です。また、アルミと樹脂のハイブリッド構造を採用することで、圧倒的な眺望性と高い断熱性能(熱貫流率1.00w/㎡・K※2)の両立を実現しています。
(商品紹介ページ:http://www.lixil.co.jp/lineup/window/lw/

※2:スライディング16522トリプルガラス(クリプトンガス入り)内外LowEグリーン(5-10-1.3-11-5)JIS A 2102-1及びJISA2102-2による社内計算値